お前!運転できるのか?

さあ始めましょう。先日からの続きです。

ke-4j-4JHON DEERE KE

こんな感じに仕上げるための道のりです。

その前に、あなたは運転できるんですか?どこ見てるの?

ゆめ1

ピットインしてくれました。
ボンネットを開けましょう!開けてビックリ玉手箱。

ゆめ2


まあまあ綺麗ですね。手入れをする価値があります。
バッテリーはユアサが付いていますね。


エンジンオイルはどうでしょう?

ゆめ4


ラジエターはいかがでしょう?

ゆめ5


エアクリ・燃料・エンジンオイル、それぞれのフィルターを交換です。

ゆめ6


しかし、こいつらはどうするべきか????
僕は水平機能は嫌いです。絶対に壊れます。なので取っ払います。

ゆめ3
ゆめ7




取っ払うとこんな感じです。綺麗サッパリになります。
これで故障知らずのトラクターに生まれ変わりです。



ゆめ8
ゆめ9
ゆめ10


ロータリーは新品に交換しましょう。
120cmぐらいが一番調子いいですよね。
こいつは部品取りにしましょう。

ゆめ11


今日の所はこれまでです。
こうなる日を夢見てがんばります。

ke-4j-4JHON DEERE KE


緑色と黄色・・・・
春から秋・・・・・・
田植えから稲刈り・・・・・
黄金に輝く収穫直前の稲穂のようです。

まさにこの業界にピッタリなカラーですね!

以上、川崎屋でした。

kawasakiya_noukikawasakiya_noukiコメント(1)トラックバック(0)  

ヤンマーKEシリーズは面白い!

ここ最近、ブログをさぼっておりました。
毎日気になっているものの、代掻き代掻き・田植え田植え・消毒消毒!!!
これ等に追い回される日々が続いておりました。

また、先日の日曜日には、甲府市消防団操法大会が開催されました。
この3ヶ月、その練習に追い回されていました。

毎年の事ですが、田植えと操法が重なり忙しい毎日です。
ですが、言い訳はこれまでにし、本題に入ります。


つい先日、こんなにいいトラクターを下取りさせて頂きました。
ヤンマートラクターKE-4です。

ke-4j-1


僕はこのトラクターが大好きです。壊れない。壊れるけど変な壊れ方をしない。

ke-4j-2


そしてこの角ばり具合、角刈りではありません。

ke-4j-3


最高です。

そろそろ僕が何を考えているか、分かる人は分かるでしょう。

でも、どうしようか迷っています。

やるかやらないか?

あなたならどうするか?

僕だったらやっちゃおうか?

このまま純正の方がいいだろうか?

それとも新しい命を吹き込むか?

ヤンマーKEよ!!?!!  お前はジョンと呼ばれたいか?????

俺だったら生まれ変わりたいよ!!!

そうだろ?

あの運搬車のようになりたいだろ?

ジョン3


そうだ、お前もこんな感じに生まれ変わろう?

ke-4j-4JHON DEERE KE


よし! おれにまかせとけ!!


川崎屋でした。ご期待ください。
kawasakiya_noukikawasakiya_noukiコメント(1)トラックバック(0)  

古のテーラーに、新しい命を!

前回からの続きです。

長雨が終わり、晴れ間が続き、急に忙しくなり、修理が増え、お呼び出しも増え、
なかなかこのテーラーをいじれませんでした。

しかし、先ほどやっと終わりました。

仕上がり1

仕上がり2


ワイヤーを4本交換しました。
主クラッチワイヤーの低速・高速、アクセルワイヤー、チョークワイヤー、
どれもメーカーからの部品供給はありませんでした。

なので作っちゃいました。

仕上がり3


仕上がり4

仕上がり5


これ等の道具があれば、シャビシャビンと作れます。

仕上がり6


締めて修理代が¥100,000-です。
安い!

本当はこんな感じに作りたかったんですが、お許しください。

てーらージョン


この件はこれでおしまいです。
また別の面白い仕事を頂くまでのお楽しみです。

川崎屋でした。

kawasakiya_noukikawasakiya_noukiコメント(2)トラックバック(0)  

ロビンにはロビンエンジンを!

昨日のテーラーの続きです。
取り合えず分解を始めました。
ロビン1


ワイヤーを外したり、Vベルトを外したり、配線を外したり、プーリーを外したり、やる気は外しません、

ロビン2


エンジンが外れました。


そんな時ちょうど、佐川急便でエンジンが届きました。


ロビン3


ロビン4


まだありました。スバルでなく、ロビンブランドのエンジンです。
EH17-2B(運搬車仕様) 最大5馬力 6.0と書いてありますが、5馬力のようです。
昔のサイドバルブの様な形ですが、しっかりとOHVです。
縦型と言うか、動力取り出しは横軸です。
斜めではなく、上下に動くピストン式は、非常に強い。頑固。頑固おやじ!!

ロビン5


エンジンマウントを作り、元々の燃料タンクを加工しスペースを作り、イジル事たくさんあるし、
そんな時、お客さんから修理の電話が入り、この仕事は、今日はここまで。

また明日のお楽しみです。
理想はこんな感じに!!!!

てーらージョン


川崎屋でした。


kawasakiya_noukikawasakiya_noukiコメント(2)トラックバック(0)  

年代ものです。

こんなテーラーの修理が入ってまいりました。

DSC03427

DSC03428


今は亡きブランド、ロビンのRT40という型式ですね。

DSC03429

RT40
こんな感じは面白いかな?
てーらージョン

ご期待ください。


川崎屋でした。
kawasakiya_noukikawasakiya_noukiコメント(2)トラックバック(0)