貸出用のトラクターのお話

日本中のジョンディアーファンの皆様、こんばんは。

ブログのアップは、いつも夜です。落ち着いて書けます。

今日も、ちょっとした故障の紹介です。
ちょっとした事なんですが、大修理となります。よく聞いてください。

トラクターのお話です。
クラッチが滑りました。だからクラッチを交換します。クラッチ板・プレート・レリーズ、3点セットです。

よって割ってみたところ、案の定、焼けた感じに変色していました。

レリーズを交換しようと思い、ミッション側をのぞいてみたところ、こんな事になっていました。


IMG_1271[1]

いまいち分かりづらい写真ですみません。

ミッション側の写真です。奥に動力軸が出ており、当然その部分にはオイルシールがあります。
下に、オイルが溜まっているのが分かるでしょうか?

IMG_1272[1]

分かりますか?

IMG_1273[1]


貸出用のトラクターです。いろんな人が、いろんな乗り方をします。

時には、使い方も分からない方が乗ります。

このオイルシールがいかれる理由は、一瞬の巨大な力がかかったからでしょう。
それは1回や2回では、こうなりません。その負荷が、積み重なって起きた摩耗です。

耕耘する際、ロータリーを降ろしてから、クラッチを繋げ進みだすのは、その瞬間すごい力が掛かります。
クラッチを繋ぎ、ロータリーが回りだし、タイヤも動き出してから、ロータリーを降ろしましょう。


車の教習所へ通っている祭、教官にクラッチの説明を受けました。
手のひらを摺合せ、こうなってるだ!!と、教わりました。でもよく分かりません。

家に帰って父親に聞きました。そうしたところ、実物を見せてくれました。
「そうゆ~こんか~!!!」と、理解できました。


機械を上手に使う   または  使い方が分からない  または  使い方が上手でない

これらの差は、機械の構造を知ることで、解消できます。

左足をクラッチペダルから離すと、機械が動き出す・・・・・・ ではなく、
左足をクラッチペダルから離しだすと、クラッチ板がフライホイールと擦り合うようになり、それが半クラッチで、
完全に離すと、フライホイールとクラッチ板が完全にくっ付き、動力がミッションに伝わる。

もっと詳しく書きましょうか?いやいや、この辺で辞めておきます。

機械を使うのであれば、機械の構造を少々勉強すると、より上手な使い方ができるようになると思います。


以上、川崎屋でした。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。
 
kawasakiya_noukikawasakiya_noukiコメント(3)トラックバック(0)  

Ecology & Economy

こんばんは、川崎屋です。

来週入荷予定の、ジョンディアーゲーターが待ちきれず、最近朝早くに目が覚めてしまいます。


という事で、今日はさらっと簡単に、進めさせて頂きます。


BlogPaint

左の機械は、Made in あちら産

IMG_1278[1]

右の機械は、Made in こちら産

BlogPaint


機械の性能はほぼ同じです。

しかし、価格は2倍違い、寿命は3倍違います。上手に使えば4倍違います。


IMG_1277[1]

どちらを買うのが、Ecology & Economy でしょうか?

目先の利益か、目長の利益か、自分も時々悩むことあります。


丸山製作所(創業120年) エンジン式高圧洗浄機 これ最高です。


ご購入いただき、ありがとうございました。
僕がしっかりと、15年・・・・・20年使えるように、メンテナンスして見せます!!!。

kawasakiya_noukikawasakiya_noukiコメント(2)トラックバック(0)  

こんなSSを作ってみました。

日本中のジョンディアーファンの皆様、こんばんは。

こちら山梨県甲府市は、先日の大雪からなんとか通常の生活に戻ったかな?という状態です。

しかし、過去4月頭に雪が降ったこともあり、ま~4月半ばまでは安心できませんね。

僕の仲間の話ですが、通常であれば30分の通勤距離が、その日は6時間かかったそうです。
山梨県内、大渋滞が起きました。



では始めます。

果樹農家様は、硫黄合剤を散布している最中です。
この時期の動噴の修理や、消毒用ホースの交換などは、少々いい匂いが漂います。



という事で、今回、こんなSSを作ってみました。

IMG_1225[1]


IMG_1226[1]


高圧ポンプ(通称皮剥ぎ機(山梨仕様))を、フロントへ抱かせ、SSごと畑へ行き、そのまま仕事ができる仕様。


IMG_1248[1]


IMG_1251[1]


SSで除草剤を散布しながら、走り回れる仕様。

まさに、1台3役です。

当然ですが、取り外しできる構造となっております。



この高圧ポンプは、給水ホースと余水ホースがあります。
せっかく抱かせるように作ったので、2本のホースもSSの配管から取り入れ出来る様にもしました。

IMG_1227[1]


IMG_1228[1]


取り入れ口は、当然ストレーナーの後ろからです。そうしなければ、異物を吸わせてしまいます。

ストレーナーの後ろへ、3方ボールコックを噛ませ、レバーで水の行く方向を決めます。
通常はSS搭載の動噴へ行き、皮剥ぎ機の方へは流れません。

レバーを手前へ引くことで、動噴へは流れず、高圧ポンプの方だけに流れます。
よって、自然降下で動噴へ行き、他のホースまでも流れて行くことはありません。

これは、凍結防止のためです。
動噴やホース類へ水が流れてしまえば、水抜き作業が必要になります。
それを忘れたり、不完全な状態で一晩明かしてしまうと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


今度は除草剤散布装置です。

2m~3mの幅で散布することができます。つまり、その幅を調節できるように作ってあります。


IMG_1252[1]


ラウンドアップノズルを2つ取り付け、その下には自在ジョイントを噛ますことで、散布幅調節ができます。

SSで除草剤をまいた後は、しっかりと洗ってください。

で、水を入れて洗う前に、この作業をすると、その濃度を低くすることができます。これです。


IMG_1235[1]


エアーコンプレッサーで空気を押し込むことで、SS配管の薬を除去できます。
そのためのワンタッチジョイントです。

IMG_1236[1]

差し込み


IMG_1238[1]


エアーホースをつなぎ、空気を押し込む。

除草剤散布後の洗浄時も活躍しますし、冬の水抜き作業にも役立ちますし、
例え夏でも、水抜きすることで、配管内を清潔に保てます。
それによりホースの劣化、後部噴口への薬剤カス詰まり等々、2重3重の効果があります。

不凍液を入れることは、自分はあまり好きではありません。
だったら、ラジエター液交換した方がいいですよね。

                                                  
最後にもう一つ、機械後部噴口両サイドの一番下、こうすると、より水抜きが簡単です。

IMG_1231[1]


ちょっと急所が小さくて見づらいですが、すみません。

下かた1個、または2個を、目倉にする方がたくさんいます。

よくやる方法は、穴の開いていない噴板を入れる、ゴム板を丸く切って入れる、爪楊枝を差し込んで折る、
しかしそれでは、その部分にだけ液が溜まってしまい、どうやっても抜けません。

よって自分は、ボールコックを付けます。これなら水抜きは簡単です。
また、保管時は開けておけば、空気が通り、配管内を清潔に保てます。
これも2重3重の効果です。 



IMG_1240[1]



という事で、皮剥ぎ機 & 除草剤散布  1台3役のお話でした。

最後まで見て下さり、ありがとうございました。



P.S.

来週、カリフォルニアから荷物が入ります。

ジョンディアーのゲーターです。(John Deere Gator)

ご期待ください。


kawasakiya_noukikawasakiya_noukiコメント(1)トラックバック(0)  

John Deere Goods が入荷しました。

日本中のJohn Deere Fan の皆様、こんばんは、

全国的な雪模様、もちろんここ山梨県も、大雪でした。

昨日から降り出し、久しぶりの大雪でした。おかげさまで本日は朝から雪掻きです。

自分はいつもバックホーを使って、一気にヤッツケます。
お約束で、ご近所の雪も一緒にヤッツケます。喜んでもらえます。

いつもエンジンや機械的な音を「ブンブン」鳴らし、大きな音を立てているので、こんな時は地域貢献します。



で、本日は、John Deere Goods の入荷のお知らせです。

 http://kawasakiya.noukigu.net/products_john.php

このページを見てください。


「何屋さんですか?」と、お客様によく聞かれます。これだけ見ると、帽子屋さんですね。


今年は、国内では販売されていない、クボタの帽子もあります。

たとえばこれ   http://kawasakiya.noukigu.net/index4.php?ITEM_NO=22855


いかがでしょうか?


西洋文化が好きな自分が、日本へ西洋文化をお届けしたい!!

皆様、よろしくお願いいたします。

以上、川崎屋でした。  

 
kawasakiya_noukikawasakiya_noukiコメント(1)トラックバック(0)  

california 5日目

こんにちは、川崎屋です。

本日5日目、最終日でした。
ただ今のこちらの時刻、夜0時0分です。5日目が終わり今日になりました。本日帰国します。


本日の行動は、ほんの一部だけにしておきます。

伺った農機具屋さんで、小型のエンジンを修理していました。
なんだか、バッテリーが充電されないとか・・・・・・。

こちらの方々は、大型機械は得意なんでしょうが、この手の小型エンジンは手慣れていないのか、
いちいちサービスマニュアルを読んでいました。

自分はいてもたってもいられず、教えてあげました。小型なら僕の方が詳しいです。!!! 



修理1


修理2


修理3


ブリグスの2気筒空冷ガソリンエンジンです。


という事で、本日がラストデイ、今思っている事をいろいろ書きます。


 United States of America  今回で8回目の旅になります。

始めてお邪魔したのは、中学校1年の時でした。あの時はまだ this is a pen 程度しか話が出来ませんでした。
しかし、その経験のおかげで英語の勉強が好きになりました。

あの当時、月曜夕方5時だったか、この番組をやっていました。

FUL1

ful2

FULHOUSE です。結構面白かったです。
自分はこの番組を副音声にして聞いていました。そのお陰で、結構色々な口語を覚えられました。
先ほどこの番組がやっていました。思わずカシャ!

アメリカ文化が好きな日本人・・・・・・・・・・・の中の1人である自分、日本へアメリカ文化をお届けしたい。

gator1


John Deere Gator  これを初めて見たとき、fall in love so hard でした。
欲しい、だから買う、しかしヤンマーで扱っていない、さあどうするだ????

自分で買いに行くしかありません。

最終的に自分の手に入るまで、たくさんのハードルがありました。
自分でクリアーしたり、仲間を頼ったり、仲間の仲間を頼ったり、

モーター2日-4
 
入荷した時の感動とやら、まさに子供の時に、初めてミニ四駆を買ってもらった時の気分です。

嬉しいの一言です。

これを見てくださっている、日本中のJohn Deere Fan の皆さま、これで遊びませんか?

農業機械にも、少しぐらい遊び心があってもいいじゃないですか?
そして、皆でツーリングしませんか?ハーレーの様な音をたてながら。

もと12


そして海まで行きませんか?

一人金曜ロードショー


砂浜を走りませんか?

自分はもう行きました。最高に楽しいです。早く春が来てほしいです。今は一生懸命磨いています。

仲間を欲しいです。一人より二人・三人 最終的には全国へ届けたい。

農業機械をもっとメジャーにしたい。それだけですね。

以上、川崎屋でした。明日帰国します。

 
kawasakiya_noukikawasakiya_noukiコメント(7)トラックバック(0)