2013年08月

公道走行への夢 薬剤散布車仕様 その②

本日の John Deere Gator 625i 公道走行への夢 薬剤散布車仕様 その②


もと1

では、その②の始まりです。

まず、この噴口までホースを伸ばします。

もと2


農機具屋には農機具屋が得意とする部品があります。
消毒用ホースを繋ぐ金具、世間ではこれらを1/4と言います。
僕等農機具屋は、この金具サイズを8.5mmと言います。

もと3


もと4

ホースへ金具を差し込む機器です。 グッと押し込みます。

次に金具を加締めます。

もと5



もと6

もと7

完成です。

次に両脇から中心へホースを伸ばし、分水器でまとめます。

もと8


もと9


これで一段落です。

両脇から見ても、意外とカッコいいです。

もと10

もと11


まるで最初から付いていたか??、若しくはオプションか??みたいな、プロの仕事です。


という事で、本日は仲間とツーリングへ行ってきました。


もと12

もと14


そしてバーベキュー。

もと15

John Deere で、西湖一周し、

もと17

ちょっとだけ水に入り、

もと18


帰って来ました。

楽しかったです。 






 
kawasakiya_noukikawasakiya_noukiコメント(5)トラックバック(0)  

公道走行への夢 薬剤散布車仕様 その①

本日の John Deere Gator 625i 公道走行への夢 薬剤散布車仕様 その①

全国のJohn Deere ファンの皆様、こんばんは。

自分は今日、4回服を着替えました。

日本一暑い甲府、その山城地区上今井町、暑い所には熱い物があります。 

John Gator を改造しています。


薬1


せっかくピットインしたので、オイル交換をしてあげます。もう50時間走りました。

薬2


今日は、これを取り付けたいと考えました。除草剤用グジュグジュ噴口です。
この噴口は霧にならず、グジュグジュとした泡状で出てきます。よって飛散しません。

薬3


で、どうやって取り付けるかと言うと、パイプを抱かせ、本体前方へこんな感じにします。

薬4


そのために、このパイプに穴を開け、タップを立て、

薬5

薬6


噴口をこのように取り付けます。

薬7

薬8


角度を自由に変えられる、自在ジョイントも必要です。


薬9


最終的にこうなりました。

薬10

薬11

薬12

薬13

走りながら除草剤を散布できます。
自在ジョイントが付いているので、角度を自由に変えられ、散布幅を適当に調整できます。

本日はここまでです。

明日はこれを取り付けます。

薬14


自動車用12Vバッテリーで作動する、噴霧ポンプです。
最高圧力、確か35キロ、除草剤を散布するのには最適な容量です。

今年の正月に、ロスから買ってきた物です。やっと日の目を見られます。

では、明日をお楽しみに。

川崎屋でした。最後まで見てくださり、ありがとうございました。




kawasakiya_noukikawasakiya_noukiコメント(4)トラックバック(0)  

本日のJohn Deere Gator 625i

日本中のJohn Deere Gator 625i ファンの皆様、こんばんは。

先程、ここ山梨県甲府市上今井町は、ゲリラ豪雨でした。
すぐ止みましたけど、たまにはお湿りも大切です。


本日、自分は山梨県陸運局へ行ってきました。

「僕のJohn Deere Gator 625i は、本当にこれでいいのか?」これを確かめに行ってきました。


僕 「俺の John は、大型特殊け~~?、小型特殊け~~?」

陸 「これは小型特殊ずらに?」

俺 「あ~ほ~ですけ~。」

陸 「この資料を持ってって見ろし~!!」

僕 「くれるっちゅこんけ? ててっ!悪り~じゃん!!」


資料のコピーを頂きました。

少々改造が必要と分かりました。明日から取り掛かります。

随時アップします。


川崎屋でした。明日からお楽しみに。


kawasakiya_noukikawasakiya_noukiコメント(8)トラックバック(0)