2014年01月

california 5日目

こんにちは、川崎屋です。

本日5日目、最終日でした。
ただ今のこちらの時刻、夜0時0分です。5日目が終わり今日になりました。本日帰国します。


本日の行動は、ほんの一部だけにしておきます。

伺った農機具屋さんで、小型のエンジンを修理していました。
なんだか、バッテリーが充電されないとか・・・・・・。

こちらの方々は、大型機械は得意なんでしょうが、この手の小型エンジンは手慣れていないのか、
いちいちサービスマニュアルを読んでいました。

自分はいてもたってもいられず、教えてあげました。小型なら僕の方が詳しいです。!!! 



修理1


修理2


修理3


ブリグスの2気筒空冷ガソリンエンジンです。


という事で、本日がラストデイ、今思っている事をいろいろ書きます。


 United States of America  今回で8回目の旅になります。

始めてお邪魔したのは、中学校1年の時でした。あの時はまだ this is a pen 程度しか話が出来ませんでした。
しかし、その経験のおかげで英語の勉強が好きになりました。

あの当時、月曜夕方5時だったか、この番組をやっていました。

FUL1

ful2

FULHOUSE です。結構面白かったです。
自分はこの番組を副音声にして聞いていました。そのお陰で、結構色々な口語を覚えられました。
先ほどこの番組がやっていました。思わずカシャ!

アメリカ文化が好きな日本人・・・・・・・・・・・の中の1人である自分、日本へアメリカ文化をお届けしたい。

gator1


John Deere Gator  これを初めて見たとき、fall in love so hard でした。
欲しい、だから買う、しかしヤンマーで扱っていない、さあどうするだ????

自分で買いに行くしかありません。

最終的に自分の手に入るまで、たくさんのハードルがありました。
自分でクリアーしたり、仲間を頼ったり、仲間の仲間を頼ったり、

モーター2日-4
 
入荷した時の感動とやら、まさに子供の時に、初めてミニ四駆を買ってもらった時の気分です。

嬉しいの一言です。

これを見てくださっている、日本中のJohn Deere Fan の皆さま、これで遊びませんか?

農業機械にも、少しぐらい遊び心があってもいいじゃないですか?
そして、皆でツーリングしませんか?ハーレーの様な音をたてながら。

もと12


そして海まで行きませんか?

一人金曜ロードショー


砂浜を走りませんか?

自分はもう行きました。最高に楽しいです。早く春が来てほしいです。今は一生懸命磨いています。

仲間を欲しいです。一人より二人・三人 最終的には全国へ届けたい。

農業機械をもっとメジャーにしたい。それだけですね。

以上、川崎屋でした。明日帰国します。

 
kawasakiya_noukikawasakiya_noukiコメント(7)トラックバック(0)  

california 4日目

こんにちは、毎日見て頂いてありがとうございます。


california 4日目となりました。

本日は、車で走りまわり、色々と見させていただきました。


western power products

105-11


105-12

ヤンマーを取り扱っています。 主にパーツです。

部品の販売だけで成り立っている、、、日本では考えられませんね。

大量の部品を在庫されていました。

帰り際、このガラス窓からもう一度入ろうとしたら、笑ってくれました。
とても丁寧に教えてくれました。

ありがとうございました。



次に、こちらです、J&M SERVICE

105-21


 こちらは、ちょっと僕の想像と違いました。以上です。


 次、HONDA と KAWASAKI を主に販売しているバイク屋さんです。

105-31

105-32

アメリカでは、このUVの需要があるんですね。
とても高性能な物がたくさんありました。

日本でもこの文化を作りたいですね。


105-41

この後移動中に、消防車の緊急出動がありました。
思わず、カメラでカシャ!




GLENN B.DORING

クボタを主に販売しています。MFもありました。 

105-51

 
105-52


新社と中古とレンタルと、大量の在庫です。

素晴らしく大きいMFです。整備していました。

105-54

105-54

クボタのUVを乗らせて頂きました。

ディーゼルエンジンです。パワフルでした。

105-55


左の方、体はデカイですが、顔は僕の方がデカかったです。勝ちました。

トラクターをみると、Made In Japan と書いてありました。

本日はこんなところです。



帰り道、今日も夕日が綺麗でした。


105-61


105-62


105-63

以上です。ありがとうございました。


 
kawasakiya_noukikawasakiya_noukiコメント(6)トラックバック(0)  

california 3日目

こんばんは、川崎屋です。

只今、こちらは夜11時になます。眠いんだけど寝られない。

寝ていない事が原因なのか、肩や足が攣られます。それも運転中に。危ないです。


では、3日目を始めます。ベーカーズフィールドに居ます。

Abate-A-weed  REPAIR CENTER


151AB

厄介事を無くす・・・・REPAIR CENTER という意味でいいんでしょうか?

日本の農機具屋さんは、基本的にトラクターから鍬鎌までを販売します。

しかしこちらでは、農機具屋さんはトラクターとか、コンバインとか、大きい機械を販売する。

チェーンソー 草刈り機 芝刈り機 ポンプ等々、小物はこの様な Equipment屋さんがあります。

分業ですね。

面白い事に、すぐ道向かいに、CASEの販売店があり、4輪クローラのトラクターが有りました。

珍しいエンジンを見つけました。

152AB


ロビンブランドのエンジンです。エアークリーナを見ると、年代が分かります。
タンクキャップも素晴らしい。 リコイルの取っ手もいいですね。この時代のものは丈夫です。

それと、

153ab

何ですか?これは?ヤマコヨと平仮名で書いてあります。聞いたことありません。

154ab

突然トレーラーが入店しました。このパレットの積み方、ザツです。倒れそうです。


カリフォルニアは排気ガス規制が厳しいようで、エンジンは、Kawasaki か Honda しか通らないそうです。
よって、展示してある機械の搭載エンジンは、みなどちらかのエンジンでした。

kawasaki makes good engines , because it is good name!! と言ったら笑ってくれました。
僕のギャグが通じた。

CAの相場が分かります。日本と比べても、さほど変わりませんでした。
1時間ぐらい見たり聞いたりしながら過ごし、この店を出ました。


日本の感覚では、他県へはおよそ1時間もあれば、車で移動できると思います。
こちらの場合、その見かたで地図を見ていると、想像より3倍の時間が掛かります。
明らかに縮尺が違うわけで、日本の縮尺で地図を書いていたら、書ききれません。

bakersfield から losangeles まで、1時間ぐらいかな???なんてつもりでいたところ、
なんと3時間掛かりました。その道の写真です。


155freeway

相変わらず道は果てしなく真っすぐです。

156freeway

右側には、果てしなく続く畑です。見えなくなるところまで畑です。

158los

約3時間後、Los Angeles に到着です。片側6車線もあります。
この道路でも渋滞するらしいです。どんだけ車が多いだか???車社会LAですね。

ちなみに写真はこんな感じで撮っています。

157freeway



午後訪れたお店はこちらです。

159eb

Eberhard Equipment

僕と同じ、可愛い奴らがたくさん居ました。思わず座っちゃいます。

1591eb

勝手に座っていると、中からお兄ちゃんが出てきて、Can I help you? と一言、
僕は、Yes help me please. と、返事しました。

お店みせて!!とお願いしたら、いいよ!と言ってくださいました。

またまた面白いものを見つけました。

1592eb


1593eb


1594eb


悪です。この芝刈り機は、悪です。どんな悪人が乗っているのか?

なぜこんなアイデアが浮かぶのか?西洋人の遊び心を僕も欲しいです。真似したい。

John Deere オーディオ付き芝刈機です。


この会社では、下取り機を分解し、部品の販売をしているそうです。
また、エンジンの場合、総分解しオーバーホールもし、全国へ発送するそうです。

それらのストック写真です。


1595eb

1596eb

1597eb


このお店は当たりでした。とても面白かった。また来たいですね。

1598かえり


1599かえり


時間が遅くなってきたので、帰りました。帰り道、とても夕日が綺麗でした。

残り2日です。まだまだ行くところがあります。明日はどんな出会いがあるか?


以上です、ありがとうございました。







kawasakiya_noukikawasakiya_noukiコメント(2)トラックバック(0)  

california 中間報告

15年前、大学の卒業旅行として、仲間4人でロンドン・パリ・ローマの旅へ行く予定でした。しかし、自分は申し込みをしたのにも関わらず、その後都合が悪くなりキャンセルせざる得なくなりました。仲間3人にとても申し訳なく思い、謝りの電話をし、その旅行を諦めました。

しかし、自分の予定と彼等の旅行予定を照らし合わせたところ、彼らがロンドンにいる1週間は、自分も空いている事に気付きました。「これはやるしかない、一人で行くしかない、奴らを驚かせてやる」そう心に決め、内緒で一人イギリス旅行を計画しました。

「奴らが泊まるホテルは分かっている、飛行機だけ取って行けば、後は何とかなるだろう??!!」

「ホテルの部屋が取れなかった時は、あいつ等の部屋に居候すればいい??!!」

自分で勝手にそう決め、そう思い込み、出発前日を迎えました。

前日は東京の兄の部屋へ泊まりました。が、緊張のあまり全く眠れない。目を瞑ってはいるけれど、意識はある。結局そのまま朝を迎えました。そのお陰か14時間のフライトも、離陸直後の夕飯時、缶ビールを3本頂き、そのまま眠る事が出来ました。気付いたら到着の2時間ほど前でした。

自分がロンドン入りした日は、彼等がロンドン入りする前日で、確か彼等はパリにいたと思います。運よく同じホテルが取れ、もちろんその日も眠れませんでした。

彼らを驚かす為、その登場劇を自分は決めました。予定表によると、彼等は夕方5時ごろホテルに到着し、バスから降りてきます。そのタイミングで自分が、「あーー遅刻した!!!」と現れる、、、こんな感じです。ですが、これを失敗しました。

当日、自分はロンドンを歩き回って観光しており、彼らも朝からロンドン入りしており、何とバッキンガム宮殿前の横断歩道で、バッタリと遭遇してしまいました。お互いビックリです。彼らの予定は分かっていたけれど、詳細までは分からなかった、それが失敗の原因でした。あいつ等の、まるでお化けを見ているような目、今でも忘れられません。

 

過去、ドキドキわくわく緊張した出来事の中で、この経験は2番目になります。

 

近年、ハワイへ行ったりロスへ来たりと、これは自分と同業者である、現地の農機具屋さんへ突撃訪問する事が目的です。そしてお店を見たり覗き込んだり、話をしたり聞いたり、これがとても面白い、鳥肌が立つほど面白いです。勉強になる事だらけです。時にはハズレもあります。その逆で超Welcomeの場合もあります。

初突撃訪問した、ハワイの農機具屋さんへ行った時の気持ちを、まだはっきりと思えています。「突然お邪魔して、俺を相手にしてくれるだろうか?」「「早く帰れ!!」なんて怒られないかどうか?」ところがその心配は全く無く、超Welcomeな社長でした。

 

この経験が、近年ドキドキわくわく緊張した出来事の中で、僕の1番目になります。

 

capacity = 容積   自分のキャパを超える事は出来ませんが、それを広げる事は出来るでしょう。それには、キャパぎりぎりの事をするのが最適でしょうか?他にはあるでしょうか?自分はキャパぎりぎりの事をしてきたつもりです。よって、上記1番目2番目の事をもう一度やれと言われたら、既に今なら簡単に出来ます。これはキャパが広がったと理解していいのでしょうか?それとも慣れただけでしょうか?

 

仲間の手助けもあり、もう自分が来なくても、日本から同じ事を手配出来る様になりました。

アメリカ農機具屋さん巡りは今年で終わりかな?もう充分かな?いろいろ知った。また新しい事に挑戦し、キャパを広げたい。自己満足による自画自賛です。このブログやfacebookと同じですかね。

 

------------------------------------------------------------------------------------

 

 

日本とアメリカ、、、、、、西洋文化に憧れを持つ日本人は結構居ますね。自分もその一人です。なぜそう思ってしまうんでしょうか?たぶん歴史的背景があるんでしょう?自分は歴史が苦手なので詳しく分かりません。

アメリカの農機具屋さんは、格好いいです。まず店構えに流石だなと思うところがたくさんあります。服装もその持ち場持ち場でそれらしく構えています。営業マンはお愛想がいいです。社長もお愛想がいいです。エンジニアはやはり機械と戦っています。よってお愛想はそれほど良くないです。どのトラックにも、格好良く遠くから見ても分かるように、看板を入れています。その看板も、社名だけでなく、独自のロゴやメーカー名等、個性があります。店の前にしゃがれた様な物は決して置きません。必ず裏に隠しています。そして、誰しもお金に厳しいです。日本人の様な曖昧な事は言いません。その他いろいろ。

 

アメリカの農家さん、、、、いや、農業屋さんと言った方が合います。みな格好いいです。大抵が、テンガロンハットにネルシャツにジーンズにブーツです。決してボロボロのトラックには乗っていません。もしくは、やたらポンコツのトラックに乗っています。トラックの色は赤か青か黒がほとんどです。決して白だけがトラックではありません。黒いトラックに乗って恥ずかしがっている人は居ません。メインストリートをトラクターで、堂々とド真ん中を高速で走っています。

 

日本の「農」という業界は、なぜ衰退していくのでしょうか? 政治? 経済? 海外産?それだけではないと思います。

 

トラクターで田畑を耕している姿、カッコイイですよね!

田植え機で田植えしながら、畦際に来てUターンする姿、カッコイイですよね?

コンバインで刈り取り収穫し、煙突からモミをホッパーへ入れ込んでる姿、カッコイイですよね?

SSで後ろから勢い良く液を噴射している姿、あれスゴイですよね?

乗用モアに乗って、木の間をサーカスの様にすり抜けながら草刈る姿、カッコイイですよね?

すべて収穫し終わって、それが市場に出回り、消費者が食べている姿、嬉しいですよね?

 

自分は、買って頂いた農業機械をお客さんが使っている姿を見ると、とても嬉しいです。時には影に隠れてずっと見ています。


この業界の事を、「生命維持産業」と言っている方の公演を聞きました。やはり志が高く、農業機械が好きで農業が好きでした。機械を操る人間は格好よくなくてはなりません。それには、まず農機具屋が格好良くならないといけませんね。

自分は昨年仕入れた、John Deere Gator 625i を時々乗りまわしては、自慢気にコンビニのPAに止めます。興味がある人は話しかけてきます。「何ですか?これは?」自分はこう言います。「これは農業機械です!!」何をするんですか?「ちょっと楽しく走り回りたい時に乗ります!」どこで売ってるんですか?「あそこの川崎屋で売ってます!!」

 

 

 

kawasakiya_noukikawasakiya_noukiコメント(1)トラックバック(0)  

california 2日目の続き

こんばんは、川崎屋です。

california 2日目が終わりました。

相変わらず眠いです・・・・・・・・・・・・、いや、眠いのは目だけです。心は興奮の影響から眠くなりません。

だから夜中に目が覚めてしまうんでしょう。たぶん今夜も同じです。


では、その後の行動を書きます。


2日の出

日の出が近くなり、辺りが明るくなりだしました。6時ごろですね。
道はひたすら真直ぐです。こんな道を走ってみたかった。


2ひたすら真直ぐ

 
2カーズのシーン

映画「カーズ」に出てきた光景の様です。ですが、これはルート66ではありません。
確かに、ハイウェイを走るより、下道を走っている方が面白いです。

Morro Bay から Bakersfield へいく途中の46号です。

地平線のはてまで真直ぐです。100m出しても全く怖くありません。


2地平線まで


やく3時間の道のりです。到着したのはこちらです。

「tractor supply」 簡単に言うとホームセンターですね。
しかし、売っている物が面白い、キャブレターの内部部品まで売っています。
名前のわりには、トラクターは販売していませんでした。

その代わりにこれです。

2トラクター1


芝刈り機と、ユーティリティー・ビークル です。

2トラクター2

僕が持っている、John Deere Gator 625iは、「クロス・ユーティリティー・ビークル」と言います。

これらは、上手く日本語に直せません。その内に勉強しておきます。

こいつはホンダのエンジンを搭載しておりました。

2トラクター3

僕のはKawasakiの2気筒水冷です。これは1気筒空冷です。
この差だけでも30万は違います。 

今日はこんなところです。また明日の投稿まで お待ちください。

ありがとうございました。 
kawasakiya_noukikawasakiya_noukiコメント(0)トラックバック(0)